【お役立ち】急な体調不良でも安心!タイの市販薬と使用方法をご紹介。

main
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あ痛たたたっお腹が・・・」

「あれ?風邪ひいてしまったかも!」

急に症状が悪化した時に役にたつ、現地薬局で買える市販薬とその用途を紹介するよ。

      

今回はスクンビットアソークにあるSuk Phamarcy薬局さんにご協力を頂きました~!
こちらのご夫妻は日本が大好きで、北は北海道から南は福岡まで旅行されていると~っても仲の良いご夫婦です。
しかも奥さんは日本語が少しだけ話せるみたい!

お客さん「Can you speak Japanese?」

奥さん「ダメェ~、スゥコシィ」

と日本語で返答したとっても可愛い奥さんです。笑
英語も堪能で薬や使用方法なども丁寧に教えてくれるので、不安な方は是非こちらの薬局で聞いてみてね。

もくじ

腹痛、胃痛、胸焼け等に効果的な市販薬

1

名称 lmodium(イモディアム)
効能 下痢、食あたり
使用方法 症状が出たら2粒服用、連続して使用する場合は最低4時空ける

2

名称 ENO(イーノー)
効能 胃酸過多、胸焼け、食べ過ぎ
使用方法 カップ1杯の水に1袋を溶かして服用、ボトルの方はスプーン2杯~3杯を水に溶かして服用

3

名称 ยาธาตุน้ําขาว(ヤータートゥナァムカァオ)
効能 腹痛、下痢、腸内洗浄作用
使用方法 大人はレンゲ1杯分、症状が酷い場合は小さいボトル分を服用、子供は小さじ2杯程度

風邪の症状に効果的な市販薬

4

名称 GOFEN(ゴーフン)
効能 頭痛、関節痛、発熱
使用方法 朝昼晩、毎食後1粒服用

5

名称 SARA(サーラー)、TYLENOL(タイレノン)、PARA(パーラー)
効能 微熱、頭痛の初期症状
使用方法 毎食後1~2粒服用

6

名称 Zyrtec(ジルテック)
効能 鼻水、鼻づまり
使用方法 朝昼晩、毎食後1粒服用
名称 NASOTAPP(ナソテェップ)
効能 鼻水、鼻づまり
使用方法 1日3回~4回、1粒ずつ服用

7

名称 Levopront(レボプロント)
効能 咳止め、喉の痛み
使用方法 症状が出たら付属のスプーンに2杯服用
名称 Rotuss(ロータス)
効能 咳止め、喉の痛み
使用方法 朝昼晩、毎食後1粒服用
名称 Amxol(エェムソォン)
効能 咳、タン
使用方法 朝昼晩、毎食後1粒服用

その他覚えておくと便利な市販薬等

8

名称 Dramamine(ドラマミン)
効能 乗り物酔い
使用方法 乗車30分前に1粒服用

9

名称 Habe(ハァベェ)※Suk Phamarcy薬局で購入可能
効能 蚊にとっかされた虫よけスプレー
使用方法 蚊に刺されたくない場所に1回スプレーする

10

名称 ハーブエキス配合ノンアレルギー石鹸※Suk Phamarcy薬局で購入可能
効能 保湿、美肌効果※黄色はカルキン配合で美白効果あり
使用方法 洗顔にも使え、適量をお湯または水で泡立てて使用

今回ご協力頂いた薬局

11

薬局名 Suk Phamarcy
営業時間 9:00 – 21:00
住所 206 Sukhumvit Rd (BTSアソーク駅から徒歩5分、スクンビットソイ10とソイ12の間)
電話番号 02-2541797(英語もしくはタイ語)
地図 Suk Phamarcyの地図はコチラ

まとめ

今回まとめた市販薬はあくまでもタイでいざとなった時に各症状に効果的な市販薬を紹介したものなので、本当なら日本からご自身に合った薬を持参していってね。
また症状が酷い時などは現地のクリニックや病院で必ず診察してもらい、適切な薬を出してもらおう。
現地の病院は日本語可の病院もあり、サービスや技術面でも日本に劣っていないので安心して診察してもらってね。
但し保険に入っていないと診察料金が高かったりするので、必ず海外旅行保険等に加入する事をオススメするよ。


この場面で使える指差しタイ語

タイ語読み意味
ปวดหัวプワッ(ト)フア頭痛
ปวดท้องプワッ(ト)トォン(グ)腹痛
น้ำมูกナァムムゥ(ク)鼻水
เป็นไข้ペンカイ熱がある
ไม่สบายマイサバーイ元気が無い
例文1
ขอ ยา รักษา ท้องเสีย หน่อย ครับ
下痢に効く薬を下さい。
例文2
ฉัน เป็น มี่ ไข้ และ เจ็บคอ ด้วย ครับ
私は今熱っぽく、さらに喉も痛いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

YOSSY管理人

サワディーカップ!サワディカッポン管理人のYOSSYです。
高校の時からタイとの関わりを持ち、今ではタイ人化までしてきた管理人自身がこの目で見て来たタイの魅力やお役立ち情報などを伝えていきます。
まだタイに来たことが無い方も、初めて来られる方も、ベテランの方まで楽しめるようにお伝えしていきますので宜しくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事