【厳選】観光客に大人気のバンコクのオススメ百貨店5選

main
おすすめ記事

タイのバンコクにはいくつもの大型百貨店が存在し、そのどれもが高級ブランドからタイオリジナルブランドまで多くのショップが入店している。近年では日本でも人気のユニクロやビームスなどの出店も相次ぎ話題を呼んでいる。


今回はその中でも人気の百貨店5選を紹介します!




もくじ

【オススメ百貨店その1】MBK(マーブンクローンセンター)

1
昔からタイのバンコクへ遊びに来たらまずはココ!と言われていたほど観光客に人気の百貨店。店内は所せましとショップが並んでおり、市場顔負けのお土産屋さんなども沢山ある。
特に4階のモバイルフロアは有名で、携帯電話・スマートフォンなどを中心に中古品の売買が行われている。
お腹が空いたら6階奥にある巨大なフードコートもオススメなので行ってみてね。
さらにこのMBKは隣に東急が併設されているので日本人にも馴染み深い施設となっている。

ショップ お土産屋や個人店がメインで、ほとんどのショップで交渉も可
雰囲気 他のデパートに比べローカルだが、タイらしさを味わうなら最高峰
最寄りの駅 BTS(スカイトレイン)ナショナルスタジアム駅から直結
オススメポイント 昔から変わっていない4階のモバイルフロアと6階の大型フードコート
地図 地図はこちら(Google Map)

【オススメ百貨店その2】Central World Plaza(セントラルワールドプラザ)

2
バンコク中心地に堂々と構える大型デパートで、ZEN、CENTRAL、伊勢丹の3つの百貨店が併設されているので同じ施設なのにいくつもの雰囲気が楽しめるバンコク最大級の百貨店となっている。
電化製品、家具、洋服、飲食、映画館などありとあらゆる施設やショップがあるので一日中楽しめる。
さらに日本人にも嬉しい伊勢丹が入っているので、日本式のお惣菜コーナーや和菓子なども充実している。

ショップ 普通~高級ブランド店が入っている。交渉は不可。
雰囲気 日本人の馴染みのある伊勢丹や日本食レストランも充実している
最寄りの駅 BTS(スカイトレイン)チッドロム駅から徒歩5分
オススメポイント 充実した飲食店と日本が恋しくなった時の伊勢丹5階のお惣菜コーナー
地図 地図はこちら(Google Map)

【オススメ百貨店その3】SIAM PARAGON(サイアムパラゴン)

3
タイの原宿と言われている若者の街サイアムに登場した大型デパートのサイアムパラゴンは高級ブランド店を中心とした多くのファッションブランド店が並んでいる。フロアごとに天井も高く、ゆったりと買い物を楽しめるのも魅力のひとつ。
さらに地下に大型水族館、最上階には催し物広場や映画館があるので家族でも友達同士でも楽しめる。

ショップ 高級ブランド店を中心に多くのショップが入っている。交渉は不可。
雰囲気 広々とした店内でゆっくりと優雅にショッピングを楽しめるが1階のフードコートは人が多すぎて大変
最寄りの駅 BTS(スカイトレイン)サイアム駅直結
オススメポイント 地下の大型水族館や味見をしながらお土産を選べる商品充実のスーパーマーケット
地図 MBKの地図はこちら(Google Map)

【オススメ百貨店その4】TERMINAL 21(ターミナル21)

4
ターミナル21はその名の通り空港をモチーフとして作られており、フロア毎に世界各国の雰囲気をあしらった作りとなっている。日本フロアでは東京の駅名や有名な観光地の名前が各ショップに入っており、日本人にとってもちょっと嬉しくなるデパートである。
また各国の有名なキャラクターなどの人形やオブジェクトが設置してあり、毎日多くの観光客や現地タイ人の人が写真を撮ったりしている。
ちなみに日本フロアではお相撲さんや招き猫、舞妓さんなどのキャラクターが設置してあるので是非行ってみてね。

ショップ 個人セレクトショップを中心に中級ブランド店が入っている。個人店での交渉は可。
雰囲気 それほど広くは無いが、個人セレクトショップがたくさん入っていて、今のタイのトレンドを楽しむことが出来る。
最寄りの駅 BTS(スカイトレイン)アソーク駅直結
オススメポイント エントランスから3階までの長いエスカレーターや各フロアのあしらいなどがオススメ
地図 地図はこちら(Google Map)

【オススメ百貨店その5】The Emporium Bangkok (エンポリアム)とEmQuartier(エムクアティア)

5
現地日本人の駐在員などが多く滞在している地域にある高級デパートで、EmQuartier(エムクアティア)は2015年3月にグランドオープンしたばかりの新人大型デパートとなっている。

⇒EmQuartier(エムクアティア)グランドオープンの様子(YouTube動画)

中に入ってみるとどちらのデパートも超高級ブランド店が入口を飾っており、レストラン街に行ってみると流石日本人が多く住んでいる地域だけあって、日本食を中心としたレストランが並んでいる。
タイでは初出店となるメルセデスベンツ直営のメルセデスベンツカフェなども入っており、その本気度が分かる。

ショップ 高級ブランド点が中心に高級カフェ店も入っている
雰囲気 エムクアティアは2015年にグランドオープンしただけありどこもピカピカ、エンポリアムも昨年末にリニューアルオープンしたので、ここもピカピカ
最寄りの駅 BTS(スカイトレイン)プロンポン駅直結
オススメポイント 高級な雰囲気を楽しみながらカフェやティーを楽しむことが出来る。
地図 地図はこちら(Google Map)

まとめ

タイのデパートは昔ながらのローカルなデパートから日本も顔負けのオシャレな超高級デパートまで幅広く楽しむことが出来る。ほとんどの施設で映画館やイベントホールなどもあるので買い物からアミューズメントまで誰でも楽しむことが出来る。
近年では本当に多くの日本食レストランや日本ブランドの化粧品やセレクトショップも進出しているので、タイに初めて旅行される人でも安心して買い物や食事を楽しむことも出来る。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。