【厳選】タイで是非食べて欲しい屋台の食べもの6選

main
おすすめ記事

今回はタイ旅行するんだったら是非食べて欲しい現地の屋台のおすすめの品6選を紹介しちゃいます!


初めてタイ旅行すると屋台って衛生的に見てもちょっと手が出にくい部分もあるけど、その辺のレストランで食べるより美味しいものがたくさんあったりするので、お腹の強い人は是非食べてみて下さい。


屋台でお腹を壊す人の半数が、お店で出される水や氷だったりするので、飲料水は予めコンビニなどでペットボトルのミネラルウォーター持参で大丈夫。日本みたいに持ち込み禁止じゃないので、安心して持って行こう。




もくじ

食べて欲しい屋台の一品【その1】ガイヤーン(焼き鳥)

ガイヤーン(焼き鳥)

いつもタイの屋台で一番香ばしい香りを放っているのがこの「ガイヤーン」と呼ばれる焼き鳥屋台。お店によって味が違うけど、基本甘辛い各お店のオリジナルダレに付け込んだ鶏肉を串に刺して炭火で焼いている焼き鳥屋さん。

タイの鶏肉は本当に柔らかくてジューシーで、一度食べたらやみつきになる事間違いなし!
料金は1本10バーツ~がほとんどで、ビールのツマミとしても最高なので是非缶ビール片手に買って食べてみよう。

食べて欲しい屋台の一品【その2】ムーピン(焼き豚)

ムーピン(焼き豚)

こちらもガイヤーンと同じく香ばしい香りを放っていて常に食欲をそそっている屋台のひとつの「ムーピン」(豚の串焼き)である。
調理方法や料金などはガイヤーンと同じで、特に外国人にも人気なのが豚バラ肉のムーピン。

タイの豚肉もとても柔らかくて食べやすく、一緒に売られている「カオニャオ」(もち米ごはん)との相性も抜群なので是非セットで食べてもらいたい。

料金はムーピンが一本10バーツ~、カオニャオが5バーツ~

食べて欲しい屋台の一品【その3】ソムタム(パパイヤサラダ)

ソムタム(パパイヤサラダ)

タイの代表料理と言えば、この「ソムタム」(パパイヤサラダ)。タイ人は1週間に1回、多い人は毎日食べる人もいるくらい人気というよりはオーソドックスな伝統料理となっている。

お店や地域によって味や辛さ、見た目も全く異なり、日本では通常パパイヤサラダのみだが、タイではパパイヤだけでなく、インゲンやキュウリなどがメインになっているものもある。

辛さや甘さなども自分好みで注文出来るのでご自分の好みにあった味を見つけよう。

料金は1人前40バーツ程度

食べて欲しい屋台の一品【その4】クイッティアオ(タイ風汁そば)

クイッティアオ(タイ風汁そば)

軽くお腹が空いた時や何を食べようか迷っている時にオススメするのが、この「クイッティアオ」と呼ばれるタイ風汁そば屋台で、街中の至る所にあるので気軽に食べられるのが嬉しい。

麺も代表的なのが、「センミー」(細麺のライスヌードル)、「センレック」(通常のライスヌードル)、「バーミー」(卵麺)、「センヤイ」(ライスヌードルのきし麺バージョン)のこの4種類があり、自分の好みとその時の気分で好きな風にアレンジできる。スープも有りと無しが選べるのでいろいろな味を試してみよう。
初めての人はセンレックやバーミーから食べてみると良いかも。

※クイッティアオは基本パクチーが入っているので、注文時に「マイサイパクチー」と言ってパクチーを抜いてもらおう。

料金はこちらも1人前40バーツ程度

食べて欲しい屋台の一品【その5】ムーガタ(タイ風ジンギスカン)

ムーガタ(タイ風ジンギスカン)

タイの友人や家族同士で大人数で楽しく食べられる人気料理のひとつ、「ムーガタ」は日本のジンギスカンに似ている鍋を使い、焼いても良し煮ても良しで、肉や魚、野菜類など栄養も満点の豊富な食材を食べる事が出来る。

また、ほとんどのお店が食べ放題形式で大変リーズナブルなのも嬉しい。
甘いタレや辛いタレなど自分好みの味付け、焼き加減で食べることが出来るのでオススメ。

料金は食べ放題が1人で129~199バーツ程度

食べて欲しい屋台の一品【その6】カオマンガイ(鳥蒸しご飯)

カオマンガイ(鳥蒸しご飯)

その魅力に惚れて日本でも専門店が出来るほど外国人に人気のタイ料理「カオマンガイ」屋さん。
鳥の出汁やショウガなどで炊きこまれたタイ米ご飯の上に蒸した鶏肉や鳥のカラアゲなどをのせて、さらに各お店の秘伝のタレをかけていただくタイの代表料理のひとつ。

お店によって鶏肉の味が無かったり、付け合わせのスープが美味しくなかったりと、味の良し悪しの差が激しいので、お客さんがたくさんいるお店で食べよう!

料金は1人前40バーツ~50バーツ程度

まとめ

タイの屋台は本当にリーズナブルで、美味しいお店がたくさんあり気軽に買えてしまう分、ついつい食べ過ぎてしまう事が多々あり、タイに来る前よりも体重が2~3キロ増えてしまっていることもしばしば(笑)
最初にも述べたが衛生的には確かにレストランに比べると遥かに劣るので、初めてのタイ旅行でお腹を壊してしまうのも大変なので、是非屋台での食事は”お腹の強い方”にオススメする。

上記に述べた以外にも本当に美味しい食材やお菓子などの屋台がたくさんあるので、是非いろいろな屋台で食べてみてタイの伝統を味わってほしい。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。