【豆知識】犬に出会った時の対処法をご紹介

main
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイの街角では、自由に歩き回っている犬たちを見かけます。
自由気ままでいいなあと思う反面、細い通り(ソーイ)を立ちふさいでいる犬たちに出くわし、怖くて向こうに行けない。。。
という経験はありませんか?

      

でも、コツをつかめばそれほど心配する必要はありません。
今回はそんなときの対処法をご紹介します。

まず、目と耳で観察する

1

犬の様子を観察しましょう。
ただ立っているだけ、吠えているだけなら大丈夫!

しかし!

唸り声や牙をむき出しにしているときは用心しましょう。

立ち止まらす、素通りする

2

立ち止まったり、走ったりしてはいけません。

ゆっくり平常心でまっすぐ歩きます。

どんなにかわいくても、飼い主が近くにいない限り手を出したりするのは危険です。

怖いときには傘が有効

3

恐怖心が消えない、犬が唸っているなどの場合は傘が有効。

犬は傘が苦手のようです。
犬を攻撃するためでなく、自分を保護するために使います。

街歩きには日傘、雨傘、犬よけのためにも折り畳み傘などを持っていると良いでしょう。

まとめ

この方法で今まで犬に噛まれたことはありませんが、相手も生き物。
100%有効というわけではありません。
昨年のタイでの狂犬病死亡者は6人。発症したすべての方がなくなっています。
運悪く噛まれてしまった場合はすぐに病院に行きましょう。


この場面で使える指差しタイ語

タイ語読み意味
หมาマー
ร่มロム
อันตรายアンタラーイ危険、危ない
โรงพยาบาลロォンパヤバーン病院
โดนกัดドンガッ噛みつかれた
例文1
กรุณา พาไป ที่ โรงพยาบาล หน่อย ครับ
病院に連れて行ってください
例文2
ซอยนี่ มี หมา ไหม ครับ
このソイ(道)には犬がいますか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ゆきじ

タイに恋して15年!ついに夫婦+犬一匹で北部チェンマイに住みついてしまいました。

この著者の最新の記事

関連記事