【お役立ち】ARL(エアポートレールリンク)の乗り方と注意事項

main
基本情報

ARL(エアポートリンク)はエアポート開港から遅れること数年で完成したバンコクとスワナプーム国際空港を結ぶ電車として現在は多くの外国人が利用している。
またランカムヘン地区に住んでいる現地のタイ人にとっても通勤や通学に利用しているので毎日大混雑の電車となっている。



乗車券の買い方

乗車券の買い方

これが実際の乗車券を購入する機械で、BTSの電子券売機やMRTの券売機と同じ硬貨と紙幣(500バーツまで)が使用可能。
写真右の運賃表があるので、予め目的地までの運賃を確認しよう。

ARL窓口オフィス

ARL窓口オフィス

窓口でも乗車券が購入可能なので券売機が混んでいる場合は窓口で購入しよう。

液晶券売機

液晶券売機

①まずは行き先の駅名を緑枠の液晶路線図からタッチしよう。
赤丸の部分をタッチすると英語表記にも変換可能なので切り替えよう。
②次に青枠の部分で何人分必要かが表示されるので、購入枚数分のボタンをタッチしよう。
③オレンジ枠に表示された金額を投入しよう。
④すると券売機の下からICコインとおつりが出てくるので忘れずに取り出そう。

ARL改札

ARL改札

①次に改札を通ってみよう。
画像の赤丸の部分にICコインをかざすと改札の扉が開くので後ろの人の邪魔にならないように速やかに通り抜けよう。
②ICカード、回数カードを利用の場合は青枠の部分に残高が表示されるよ。

ARLホーム

ARLホーム

電車が到着するまでは黄色い線の内側で待とう。上のモニター部分に次の電車が来るまでの時間が分単位で表示されている。

ARL改札出口

ARL改札出口

目的地の駅に到着して、改札を出るときは、ICコインを投入すれば扉が開くので荷物に注意しながら通り抜けよう。

まとめ

ARLはキャリーバックを持って空港からバンコクまで移動するのに大変便利になり、渋滞していたバンコクまでもスイスイ行けるので近年はタクシーよりもARLに乗って行く観光客が増加している。

数年前までバンコクのマッカサン駅からスワナプーム空港までをノンストップで走る特急も運行していたが、利用者が少ないのと普通にくらべ時間が10分程度しか変わらない事からいつの間にか廃止され、現在は運休状態が続いている。
時間は確かにあまり変わらなかったが乗り心地が良かっただけに復活して欲しいという声も観光客から良くあがっている。

また、シーロムやスクンビットへ移動する場合マッカサン駅からMRTに乗り換えてしまうとキャリーバックや大きなバックなどを入口のセキュリティで開けなくてはいけないので、パヤタイ駅からBTS線に乗り換えよう。

もちろんARLにもプリペイド式のICカードがあり、チャージは最低50バーツ~最大1,000バーツまでチャージが可能なので、ランカムヘン、ラカバン地区に長期滞在される方は持っておくと便利。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。