【お役立ち】BTS(スカイトレイン)の乗り方と注意事項

main
基本情報

渋滞の多い国バンコクで最も市内を快適に移動する乗り物として登場したBTS(スカイトレイン)、駅によっては上りエスカレーターがあるのに下りが無かったり、エレベーターが常時動いてなかったりとまだまだ不便な点があるが街中の移動には欠かせない乗り物なので初めてバンコクへ行かれる方は是非覚えて欲しい。




もくじ

乗車券の買い方

乗車券の買い方
BTSの乗車券は日本のテレフォンカードのような形と材質になっている。
BTSでのマナーとしては、改札を通った後のコンコース及びホーム、電車内での飲食は禁止となっている。
さらにお年寄りや小さな子供、お坊さんには席を譲るように心がける。
それでは実際に乗車券を買ってみよう。

両替所オフィス

両替所オフィス
通常の券売機は基本硬貨のみしか使用できないため、硬貨が無い場合は、ここで両替してくれるので両替しよう。往復の事も考えて100バーツ分両替しておくと便利。

液晶型券売機

液晶型券売機
20バーツ、50バーツ、100バーツ札が使え、さらに人数分をまとめて購入できる液晶画面付きの券売機も登場したが、各駅の乗車券販売コーナーに1台ずつしか無いので結構不便。

券売機

券売機

①まずは券売機横にある料金表MAP(上部図左)から目的の駅を確認し、その〇の中に書かれている2桁の料金を確認しよう。確認したら、券売機(上部図右)の(1)の部分から該当の料金のボタンをプッシュ
②次に券売機の(2)の液晶画面に数字が表示されるのでその数字分の硬貨を投入
③すると券売機の(3)からテレフォンカードのような乗車券が出てくるので取り出そう
④おつりがある場合は券売機の(4)から乗車券を引き抜いた後に出てくるので取り忘れに注意しよう

改札

改札

①次に改札を通ってみよう。画像の〇の部分に乗車券に書いてある⇒が入っている方向に投入すると上から出てくるので引き抜こう。
②すると改札の扉が開くので後ろの人の邪魔にならないように速やかに通り抜けよう。

(注)この時荷物などを持っている場合はセンサーに引っかからないように持ち上げないと、自分自身が挟まってしまう場合もあるので注意しよう。
(注)キャリーバックなどの大型荷物を持っている場合は、駅員さんに伝えれば改札横(上図の右側)から通してもらえるので尋ねてみてね。

ホーム

ホーム

最近タイのBTSでも各駅にホームドアが設置されつつあるが、そのドアに寄り掛かったり、手をかけていたりすると係員の人から注意されるので、黄色い線の内側に立って待とう。

改札出口

改札出口

目的地の駅に到着して、改札を出るときは、画像の〇の部分に乗車券を投入すれば扉が開くので荷物に注意しながら通り抜けよう。

ラビットカード

ラビットカード

タイに長期滞在される方やBTSを頻繁に使う方におすすめなのがこのラビットカードと呼ばれる日本でいうICカードで、一部のスーパーマーケットや飲食店でもそのまま利用できてしまう優れもの。

本来MRT(地下鉄)とも連携するとして発売したのだが、まだ現在はMRTでは利用できないみたい。
でもこれを購入しておくと券売機や両替所に並ばなくてもいいし本当に便利なので使ってみてね。
それでは実際にラビットカードを購入して使ってみよう。

両替所オフィス

両替所オフィス
ラビットカードは両替所と同じ窓口で購入できる。タイプは一般用(オレンジ)、学生用(グリーン)、シニア用(パープル)の3種類があるが、後者2つはタイ人のみとなっているので、外国人はオレンジの一般用のみ購入可能。

①両替所窓口で「ラビットカード」と伝える
②初回は現在200バーツで発行できる。発行手数料50バーツ(2015年12月末まで割引中、通常は発行手数料が150バーツ)、デポジット50バーツ+乗車可能運賃100バーツの合計200バーツ。
③さらにチャージしたい場合は最低100バーツ~のチャージが可能。(最大4,000バーツまで)

ラビットカード支払コーナー

ラビットカード支払コーナー

ファーストフード店やスーパーマーケットなどのラビットカード提携店であれば、上記のようなラビットカード専用IC読み取りカードが設置してあるので、それらのお店でカードを使って支払いも可能なので使ってみよう。

Carrot Rewardsメンバー専用割引クーポン発行機

Carrot Rewardsメンバー専用割引クーポン発行機

さらに事前登録が必要だが、ラビットカードのキャロットポイントを貯めると提携店で使える飲食店や映画館の割引クーポン、さらにオリジナルグッズなどに交換も可能なので、興味のある方は実際に登録してラビットカードを使いこなそう!

関連リンク : キャロットポイント会員登録(タイ語・英語)

まとめ

ラビットカードの登場でさらに便利になったBTS、これでMRTと早く連携してくれれば最高なのだが、
BTSのこれからの計画としてもバンコク~チョンブリー県まで延長するという事なので、パタヤなどへの移動もさらに便利になること間違いなし。
日本では考えられないような事も多くあるかと思うが、利用される方は是非現地のルールに従って、マナーを守りながら利用してほしい。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。