【お役立ち】タイ旅行の前に要チェック!押さえておきたいポイントをご紹介。(一部更新)

main
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今も昔も変わらず日本人の海外旅行先人気ベスト10の上位に必ず入るのがここタイランドです。タイの特徴と言えば、住みやすい街としても大変人気で、近年では多くの外国人旅行者がタイ現地にマンションなどを購入し、第二の故郷として移住してくる人も多くいます。
また、タイの人たちは日本人や日本の文化に非常に友好的で、最近では日本のファーストフード店やレストラン、ラーメン屋、居酒屋などのチェーン店を始め、本格的な飲食店の出店も相次いでいます。それだけではなく、コンビニエンスストアなどで売られているお菓子、飲み物など、完全にタイオリジナル商品なのに日本語が書かれていたりと常日頃から私たちの身近で日本語が目につくのでとても親しみやすい国でもあります。


そこで今回はそんな日本人にも馴染み深いタイの基本情報やポイントを紹介していきたいと思います。


      

もくじ

タイについて押さえておきたい3つのポイント

タイについて押さえておきたい3つのポイント

まずはじめに、タイに旅行する前に必ず呼んでおいてほしいタイの特徴とルールを紹介します。
バンコクの正式名称クルンテープナンタラカンタラ・・・や人口などは嫌というほど他のサイトにも載っているので、今回は別の視点から勉強していきましょう。

①タイの国では常に王様やタイの国を最優先に考えて行動する

タイの国では常に王様やタイの国を最優先に考えて行動する

初めてタイを訪れた人なら誰でも一度はびっくりした光景があったと思います。それは朝の8時と夕方の18時に流れる国歌に合わせて、タイ人の人たちがフラッシュモブのようにピタッっと立ち止まり、まるで時間が止まったような感覚になってしまう現象です。そこで知らない外国人は驚いて笑って動画を撮ったりする人も多くいますが、ここはタイの人たちと同じように私たちもピタッと静止しましょう。

この時に流れている音楽はタイの国歌で、その国歌が流れている間や映画館などで王様に敬意を払う歌が流れている間などは基本その音楽が流れ終わるまで起立しておくというルールがあります。

しかし、これは強制では無いので、施設内やホテルなどの室内、または仕事中などの起立・静止が難しい状況などでは必要が無いので覚えておきましょう。

②タイでのマナーを常に心がけておこう

タイでのマナーを常に心がけておこう

タイ人といえば、非常に温厚で笑顔が絶えないイメージが強いんですが、日本と同じノリでついついはしゃいでしまうと取り返しのつかない事に成りかねない場合もあります。
ですので、タイに滞在中は、下記にあげるタイでのマナーを必ず覚えて実行して下さいね。

タイで守ってほしいマナー

・タイでは頭は神聖な場所とされているので日本のノリ・ツッコミの要領で決して叩いたりしてはいけません。、ただし可愛い子供などの頭を撫でてあげるのは大丈夫ですよ。

・足の裏は最も不潔とされているので、決して足を組んだりして足の裏を人に向けたり、カバンや荷物などの上を跨いだりしてはいけません。また国の紙幣やコインには王様の顔が印刷されているので、小銭を落として転がっていくのを決して足で踏んで止めてはいけません(場合によっては不敬罪で罰則に該当します)

・タイでは電車内で席を譲ってあげる人の対象としてお年寄りと身体の不自由な方はもちろんの事、妊婦の方や小さな子供まで対象となっているので、小さな子供が電車に乗ってきた場合は席を譲ってあげましょう。

・タバコの吸い殻やゴミはいろいろな場所で見かますが、外国人がポイ捨てするとその場で罰金を取られてしまう事があるので注意しましょう。(もちろんそんな行為自体がマナー違反なので止めましょう)

・どんなに仲良くなってもタイ人とのお金の貸し借りは止めましょう。。これが原因で大喧嘩や大きなトラブルに巻き込まれることも多いので決して金銭的な貸し借りだけはしないようにしましょう。

③マイペンライ(問題ないよ)の精神で少しくらい大目に見よう

マイペンライ(問題ないよ)の精神で少しくらい大目に見よう

マイペンライ(タイ語で大丈夫だよ、問題ないよという意味)の精神は非常に重要で、日本だとついつい怒ってしまうような事でもタイではマイペンライ(大丈夫)と言って笑って許してしまう事も大切です。

下記に日本人旅行者に聞いた、タイでムッとした出来事上位をまとめてみたので、参考にして下さいね。
下記は、あくまでも屋台やローカルなお店などでの場合を対象した話なので高級ホテルや高級レストランなどで同じシチュエーションになった場合はスタッフを呼んで注意して下さいね。

・タクシーで行き先を告げたのに乗車拒否される

これは最もよく聞く話で、タイではタクシーに乗り込む前に行き先を告げても、その地域の渋滞状態や道を把握していないなど、タクシー運転手さんの気分次第で行ってくれない事があります。乗車拒否は法律上処罰の対象にあるんですが、それでも警察も毎日のように取り締まっているわけではないので、行ってくれなくても無理に怒ったりせずに次のタクシーを探しましょう。
しかし、今年から乗車拒否をしないタクシー会社が登場するみたいなのでその会社に期待しよう!

・屋台でパクチー抜きを頼んだのにパクチーが入って出てきた

実は管理ににもパクチーが食べられないので、この問題はレストランや屋台でもよくあって困る事がほとんどです。
でも間違ってもちゃんと伝えれば作り直してくれるので、笑顔でもう一回頼んでみましょう。
屋台などでは、注文時にメモを取らないところが多いので、調理人がいつもの癖でついついパクチーも入れてしまうみたいです。(笑)

・待ち合わせの時間にルーズ

これもタイの友達と待ち合わせした時に実際に経験された方もいるかと思います。
タイ人は時間にルーズな人も多く、待ち合わせに1時間遅れるのも良く聞く話でもあります。
理由で最も多いのがロットティッ(渋滞中)、確かに雨の日はもちろんそうですが、そうでなくてもバンコクの渋滞は本当に酷くて、1時間経っても500メートルくらいしか進んでいない場合も多々あります。

まとめ

如何でしたか?
楽しいタイ旅行にするにはまずはその国の文化を受け入れ、その国のルールやマナーをしっかりと勉強し、実行する事が最も大切だと私は思います。
旅行中は、「日本ではこうなのに・・・」など、ちょっとイラッってしてしまうシチュエーションが多くあるかもしれませんが、そこはこのマイペンライという言葉を思い出して穏便に笑顔で許してあげて下さいね。


この場面で使える指差しタイ語

タイ語読み意味
สวัสดีサワッディこんにちは
ขอโทษコートーッ(ト)すみません、ごめんなさい
ไม่เป็นไรマイペンライ大丈夫です、結構です
เชิญチューンどうぞ
ขอบคุณコップクンありがとう
例文1
สวัสดี ครับ ฉัน ชื่อ 〇〇〇 ครับ
こんにちは、私の名前は〇〇〇です。
例文2
ขอโทษ ครับ คุณ ชื่อ อะไร ครับ
すみません、あなたのお名前は何ですか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

YOSSY管理人

サワディーカップ!サワディカッポン管理人のYOSSYです。
高校の時からタイとの関わりを持ち、今ではタイ人化までしてきた管理人自身がこの目で見て来たタイの魅力やお役立ち情報などを伝えていきます。
まだタイに来たことが無い方も、初めて来られる方も、ベテランの方まで楽しめるようにお伝えしていきますので宜しくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事